おしっこ風俗店・デリヘルのおしっこと聖水によるHIV感染について

おしっこ風俗店・デリヘルのおしっこと聖水によるHIV感染についてのイメージ画像

今回は、閑話休題として、風俗プレイにおける聖水、いわゆるオシッコプレイと性病、特にHIV感染についての考察をしてみたいと思う。

おしっこ風俗店が最近では流行!

まず最初に、なぜ本稿では今回このような記事を書こうと思ったかの経緯だが、読者諸氏のみんなもご存知のように、ここ最近ではアダルト性産業の中でも変態風俗が流行気味にあると筆者は思う。

その中でも特に最近では聖水プレイ、いわゆる飲尿やそれらにまつわる行為が人気のようなのだが、尿を性的なプレイとして用いるということは、もしも、もしもだが、プレイを行ってくれる風俗嬢(コンパニオンの女の子)が性病に感染していたら、どうなるのだろうか?

そしてその女の子が、もしもHIVに感染していたら、どうなるのだろうか?
 聖水 ”と呼ばれる尿を対象にした性的サービスだからこそ、安全なのかどうかが最も気になるところである!

尿とはなにか?聖水はHIVに感染していないのか?

コンテナ尿のイメージ画像

以下はWikipediaに書かれている内容からの引用なのだが、

尿とは

尿(にょう、いばり)は、腎臓により生産される液体状の排泄物。血液中の水分や不要物、老廃物からなる。小便(しょうべん)、ションベン、小水(しょうすい)、お尿(おにょう)、ハルン、おしっこ(しっこ)等とも呼ばれる。古くは「ゆばり」「ゆまり」(湯放)と言った。

尿の生産・排泄に関わる器官を泌尿器と呼ぶ。ヒトの場合、腎臓で血液から濾し取られることで生産された尿は、尿管を経由して膀胱に蓄積され尿道口から排出される。

尿の成分

哺乳類の尿(特にヒトの尿)の場合、約98%が水であり、タンパク質の代謝で生じた尿素を約2%含む。その他、微量の塩素、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン酸などのイオン、クレアチニン、尿酸、アンモニア、ホルモンを含む。閉経した女性の場合は、女性ホルモンも含む。短時間に大量に水を摂取した場合は、ほぼ100%水である場合もある。色はおおむね黄色で、水分が不足している時はオレンジ色になり、短時間に大量に水を摂取して成分がほぼ100%水となった場合は無色となる。

上記に書かれているとおり、腎臓から生産された排泄物であり、血液中の水分や老廃物から構成されていると書かれているので、尿(聖水)にはHIV感染の元となるHIVウイルスが含まれているのかどうかが非常に気になることと思う。

結論から先に書かせてもらうと、尿(聖水)にはHIVウイルスはほとんど含まれていないのだそうだ。

なので、飲尿プレイをしても、HIVに感染することはまず無いらしい。
しかし、ここで”ほとんど”というのは、例えばだが、風俗嬢が他の性病に感染をしていて、尿道や膀胱に感染するタイプの性感染症にかかっていた場合、話は異なってくる。

これはどういうことかというと、生理中、または尿道や膀胱内にて、他の性感染症に感染していて尿に血液が含まれているなどして、微量ながら血尿状態であった場合などは、その尿を飲み込んでしまうことで、もしかするとHIVに感染してしまうこともあるかもしれない。

また、HIVウイルスが多く含まれる体液は血液、精液、膣内からの膣分泌液、腸粘膜、母乳なので、これらの体液に相手をHIV感染させるだけのHIVウイルスが含まれている場合もあります。

とは言え、これらは本当に低い確率なので、風俗嬢がエイズに感染していて、その尿を飲尿することによる感染リスクよりも、フェラやディープキス、クンニによる感染の方が余程感染リスクが高いので、そちらの方を気にするほうが良いだろう。

※ご存知の通り、 HIVウイルスは感染力が弱いので、実際には傷口や粘膜による感染、そして性交渉による感染がほとんど だからだ。

放尿の瀧とは

牛, 牛肉, 便意, おしっこのイメージ画像

読者諸氏は放尿の瀧というものをご存知だろうか。
放尿の瀧とは、かつては東京の新宿に実際に存在した風俗店の名前である。

または、おしっこがしたくなる学園ゲーム【黄瀧女学園物語】のことを言い表すものでもある。

ちなみに漢字の一文字違いだが、アダルト作品で【完全主観 60人 放尿の滝 60人×主観×客観 120回のオシッコパラダイスがここにある…】という作品も、野外での露出フェチの方や主観での撮影アングルにこだわりがある方、または、クンニや放尿が好きな方にもオススメである!

こちらの作品は、出演女優が大槻ひびき、小司あん、黒木歩、桜瀬奈、杉浦綾、田名部はるな、蒼井まろん、加賀しのぶ、宮川れみ、小川奈緒と錚々たるメンバーであり、放尿鑑賞をドアップでしてみたいと思っていた方には最高の作品なのではなかろうか。

聖水ロリロリとは

聖水大橋, 足, 泉, 水流, 水, 光のイメージ画像

読者諸氏は聖水ロリロリをご存知だろうか。

こちらも先程と同じくアダルト作品のことなのだが、【聖水ロリロリだいしゅきホールド 栄川乃亜】という2017年の4月、ちょうど昨年の今頃に発売されたムーディーズのMOODYZ ACIDレーベルの作品なのである。

くちゅくちゅ結合部の卑猥な音と共に、美少女のオシッコにまみれてのセックスや温かくヌメッた聖水まみれの全編オシッコ大噴射という、おしっことロリが好きな方はたまらないようなオシッコ作品になっているのである!

ハイビジョンによる映像作品や痴女による放尿、デジモならではの薄消しモザイクAVに目がない方にはたまらない作品といえるだろう!

普通の血液検査でエイズわかるものなのか?

最近では自宅で誰にもバレずに、こっそりと行える性病検査の郵送キットなるものがあるらしいのである。
一昔前までならば、こうしたデリケートな悩みといものは、誰にも相談できず、一人で悩み続けるも、いつまで経っても解決の糸口が見つからず、悶々としていたであろうものが、今の時代ならば、年中無休で365日のサポート体制を持つクリニックや登録衛生検査所のラボ検査などで、匿名で性病の検査ができて、その正確さの方も高精度で最短ならば抗体を郵送して到着後の翌日からも検査結果が確認できたりするものらしいのだ。

自分の都合のよいときに、血液を採取して郵送・返送をすることで、すぐに検査結果がわかる仕組みで最短ならばその翌日にも結果がわかるのだから、梅毒などの性感染症で悩んでおられる方は、一度こうした情報を調べて見るといいだろう。

ちなみに会社で行われる健康診断(血液検査)にて、HIV/エイズかどうかがわかってしまうのかどうかというのが気になるところだが、こうした普通の血液検査では、HIV検査の項目が無いためHIV感染かどうかはわからないのが一般的だ。

Hivの感染とウイルス量について

まず、HIV検査とはなにかということだが、HIVとはエイズ(後天性免疫不全症候群)の原因ウイルスであるHIVに感染しているかどうかを検査することを【HIV検査】と呼ぶのである。

このHIVに感染すると、体内ではHIVが増え、その後、HIVに対する抗体が産出されるのだ。

では、このAIDS(後天性免疫不全症候群)、つまりヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症だが、このHIVへの感染にはどれぐらいのウイルス量なのだろうか。HIVに感染している人間の血液、精液、膣分泌液、母乳、などなど、これら分泌された分泌液、または、唾液、涙、尿などの体液には、他人に感染させるだけのHIVウイルスが含まれているのだろうか。

結論から言うと、これらの分泌液、または体液の中には、ヒトに感染させるだけのウイルス量は分泌されてはいない。

あくまでもHIVへの感染は、粘膜(腸管、膣、口腔内など)および血管に達するような皮膚の傷からなのである。

ちなみにHIVは、性行為による感染が最も多いので注意が必要である。特に女性は膣粘膜から、男性は性交によって生じる亀頭部分(粘膜)の細かい傷からHIVが侵入することで感染するのである。

尚、HIVへの感染確率は、アナルセックスで1回あたり約0.5%、(挿入側は0.067%)
フェラチオでは0.01%、(挿入側は0.005%)

以上のように言われているのである。