デリヘル勤務で未経験。デリでも、ヘルスでも、ソープでも、未経験の時に思う疑問について

デリヘル勤務で未経験。ラブホテルへのチェックインのやり方や日給保証についてのイメージ画像

ここで閑話休題として、本稿では、
いよいよ来週からデリヘルやホテヘルなどの風俗ヘルスの勤務になるという女性に向けての記事である。

ラブホテルへのチェックインのやり方について

デリヘルの仕事を選び、いよいよ来週から勤務という段階になってから、突然情緒が不安定になったり気持ちの整理がつかなくなったりすることもあるであろう。

また、ラブホテルへのチェックインなどの機会も頻繁に出てくるだろう。

普段から彼氏やパートナーとよくラブホに行っている人なら、いざ知らず、

普通ではそんなにも頻繁にラブホテルには行かないであろうし、ひとくちにラブホと言っても、最近ではモーテルタイプや戸建てタイプというように、様々なタイプのホテルがあるであろう。

そうした際のチェックインの方法であるが、なんてことはなく、受付の人に「○○号室にチェックイン」と伝えれば良いだけである。

未経験で風俗(デリヘル)の仕事は本当に日給で何万円も稼げるのか?

続いては、未経験のときにありがちな疑問・必ずや抱くであろう不安に「給料」の問題がある。

例えば風俗勤務でデリバリーヘルスで日給が3万円と書かれていて、では実際に未経験で入店しても、本当に日給で3万円も稼がせてくれるのか?ということだが、これはどういうことかというと、未経験で入っても、最初は店側が、初心者で入店した新人嬢を推してくれるので(電話が鳴ったら優先して案内してくれるので)、最初のうちはけっこう仕事が取れて、3万円~は稼がせてくれるのだ。

しかしこれは当然のことながら、いつまでも続くというものでもなく、新人として入店してもだいたいは一週間ほどが経過すると新人期間は終了し、そこからはその嬢の自力による指名=本指名を取れるかどうかで稼げる金額が変わってくるという塩梅である。

なので求人サイトなどには、日給が3万円稼げる、と書かれていても、それは入店後のその女の子の実力次第なので、必ずしも待っているだけで日給で3万円稼げるということでもないので、注意が必要なのである。

また、貰える額も、その店の持っているお客さんの人数やお店のバック率、オプションの金額などによっても変わってくるので、当然のことながら、風俗で働くときは、単純に日給がいくらだから、という理由ではなく、ある程度は事前にその店のバック率や評判、オプションや料金体系を下調べしておくことが稼げるための秘訣である。

ちなみに、新人期間が過ぎてからは、本指名が取れないと、(客がつかないと)、その日は一日ずっと店に居たとしても待機ということで給料がつかない店もあるので、その辺もよく吟味してからの在籍をおすすめしたい。中には保証として、本指名が取れなくてもある程度の給料が貰えるところもあるにはあるが、大抵のところは保証が無いので肝に銘じておく必要があるだろう。

基本は「完全歩合制」だと思っておいた方がいい。

風俗嬢の給与形態は、基本は「完全歩合制」と考えておくと良いだろう。

また、客からのクレームが多くなると、店側から仕事を回してもらえなくなることもあるので、そういった部分も注意が必要なのである。風俗だから、デリヘルだから、稼げる。とか、風俗だから給料が良い、などと甘く考えるのではなく、やるからには覚悟を決めて、やっていかなければならない。

風俗嬢の世界では、一日店に居ても指名がゼロというのもザラなので、デリヘルは稼げるという甘い幻想は迂闊には抱かないほうが良いだろう。正直、風俗の世界はテクニックや容姿に相当の自信が無いのであるならば、それほどたいしては稼げないということも頭の隅に置いておくほうが良いだろう。

尚、歩合の計算方法としては、だいたいは客が店側に払う料金の半分から7割ぐらいが風俗嬢のバックとなるのである。とはいえ、給料形態は完全歩合制なので、要はお客さんがつけば貰える額は上がっていくので、お客さんの要望にしっかりと応え、お客さんをつけることができれば、収入はアップしていくので、それなりに覚悟を決められる人ならばお勧めでもある。